コンサート直前までの出来事

  • 2010/01/16(土) 15:50:50

ソウェト・ゴスペル・クワイアの初めての来日公演は、大盛況のうちに無事終了しました!

日本での滞在期間は2009年12月9日から12月21日までの13日間。東京6箇所、埼玉2箇所、神奈川1箇所の合計9箇所の会場を回りました。

(以下、文中、「ソウェト・ゴスペル・クワイア」のことを、単に「ソウェト」と略すことがあります。)


2007年2月に初めてソウェト・ゴスペル・クワイアの存在を知って以来、ほとんど毎日のように彼らの歌を聴いてきましたが、ライブで体験する本物のソウェト・ゴスペル・クワイアは、僕の予想と期待をはるかに超える素晴らしさでした。これまで僕はいろいろなところで、彼らの素晴らしさを言葉で表現してきましたが、言葉なんてその本質の十分の一さえ表現できないことに気付きました。言葉にならない感動。言葉にするのがもったえない感動。いや、言葉なんて必要ない!と思ってしまうくらいの圧倒的な感動。それくらい大きな感動をソウェトはもたらしてくれました。コンサートが終わって一週間くらいは、さすがの僕も、今回のコンサートレポートは書けないよぉ!と正直そう思っていました。そして、いまだにその感動は大きくて、なかなか言葉に置き換えていくのが難しいのですが、徐々にその作業を僕はこれから行っていきたいと思います。


第一部 コンサート直前までの出来事

ソウェトの一行が初めて日本の土地に降り立ったのは、初日公演の2日前、12月9日でした。シンガーが18名、サウンドエンジニアなどで総勢20名。さらに、マネージャーのトニーさん(女性)、そしてエグゼクティブプロデューサーの、ビヴァリィ・ブライヤーさんも一緒でした。

僕が初めて本物のソウェト・ゴスペル・クワイアに会ったのは、公演初日の12月11日のティアラこうとうの楽屋でした。最初にお会いしたのはビヴァリィ・ブライヤーさん。イメージ通りの、余分な愛想を振りまかない、でも心の温かい女性でした。「あなたがショーゴね。いつもクワイアをサポートしてくださって ありがとう!あぁ男性だったのね。世界中にファンがいるけど、熱心にいろいろと支援してくれるファンは、たいてい女性なのよ。」「ところでセットリストは見てくれた?あなたの希望通り、ホザナを用意したわよ!(ウィンク)」

実は、この「ホザナ」はアルバム『アフリカン・スピリット』に収録するために歌って以来、コンサートでは一度も歌ったことがなかった歌で、今回のジャパンツアーのために決められたセットリストには入っていませんでした。それを、日本のファンが一番好きな曲のひとつがこの「ホザナ」なので、是非歌って欲しいと来日前に嘆願したら、何と、来日に間に合わせて練習してきてくださったのです。僕にとっては、いきなりビッグサプライズでした!「ビヴァリィさん、ありがとう!!!」「いいのよ。日本のみなさんが楽しんでくださったら嬉しいわ!」

そしたら、ビヴァリィさんが唐突に、「メンバーのみんなにあなたを紹介するわ!」と言って、歌声が漏れてくる控え室のドアを、練習中にも関わらず、コンコンコン!とノックします。これがまたビッグサプライズでした。ドアを開けると、控え室には男性シンガーたちが勢揃いしていました。

「みんな、彼がショーゴよ!日本のファンクラブの人。カナダのエレイン知ってるでしょう?彼女の日本版ね。今回のコンサートをサポートしてくれたの」

「Hi, Shogo! How are you doing?」
シャイなんですけど、何人かが僕に声をかけてくれました。男性シンガーたちは、みなさんわりとマイペース。ヘッドフォンをつけて音楽を聴いたり、ホワイトボードの下の細長い隙間に体を横たえて居眠りをしたり、のんびり、リラックスした時間がそこには流れていました。

次に案内してもらったのは女性シンガーたちの控え室でした。同じように僕のことが紹介されると、今度は、ワァーという歓声とともに拍手が起こりました。そんな!逆にメンバーから拍手をしてもらえるなんて、予想外の歓迎に僕は感激のあまり口から言葉が出なくなってしまいました。
なんて謙虚でフレンドリーなんだろう?言葉にならない声で、僕は何度も、Thank you! Thank you! Thank you! と繰り返していました。

その後、僕はロビーに戻り、スタッフとして開場の準備を手伝いました。

外はあいにくの雨。それも結構激しい雨でした。おまけにとても寒くて、、、会場まで足を運んでくださったお客さまには本当に気の毒でした。でも同時に、大変な思いをして来てくださったお客さんが、これから、かつて見たことも聴いたこともないものすごい歌とダンスを体験されるんだなあと想うと、心が踊りました。

そしていよいよ、ソウェト・ゴスペル・クワイアにとって記念すべき初めての日本公演、初日のステージが始まりました。

平日の夜の、それも「ティアラこうとう」という東京でも東側、江東区にあるホールは、翌週に予定されていた「すみだトリフォニーホール」とエリアが重なっていたせいもあってか、初日の公演だというのに、一番チケットの売れ行きが良くありませんでした。でもいざステージの幕が上がると、そこには会場の9割以上を埋め尽くすお客さんの姿がありました。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

女ってすげえよ…

主婦がヒマなのはわかるけど旦那が稼いできた金で逆円してたらマズいだろ。それに旦那が中出ししてくれねえからって俺にせがむのはもっとマズいだろw

  • From: 逆円 |
  • 2010/03/16(火) 23:31:22

もう仕事やめます

金はあるけど相手がいない女なんていくらでもいるもんなんだな!そろそろリーマン生活もあきてきたから、これで生計たてるとするか(爆)

これが裏職か!!

これ始めてまだ2週間だけど、もう二ヶ月分の給料かせいだwwwお前らもさっさとティンコ使ってで稼げばいいのに〜。

いててて…www

あの娘ったら無理やり皮をひっぱるもんだから赤くなっちなったじゃねえかwでも後ナデナデしてくれたからそのまま発射!!顔とか髪の毛にぶっかけちまったけど、約束どうりちゃんと3万くれましたよwww

人妻どんだけ欲求不満なんだよ(笑)

やっぱり一番溜まってるのは主婦だな!先週の女なんて、自分で腰振りまくって大量の潮噴くもんだから俺の全身ビッチョビチョになったけどさw

グッチ バッグ

SOWETO GOSPEL CHOIR FAN CLUB MEMBERS' PAGE コンサート直前までの出来事

クロムハーツ 店舗

SOWETO GOSPEL CHOIR FAN CLUB MEMBERS' PAGE コンサート直前までの出来事

クロムハーツ リング

あなたは非常にスマートなインテリジェント 個人 。

クロムハーツ 通販

としてI ウェブサイト私は信じて、占有コンテンツ素材ここでは、威嚇されて壮大 、あなたの勤勉努力のためにそれを感謝しています。あなたはそれを永遠に保つ必要があります。 グッドラック 。

ニューバランス 996

私にとっては| 詳細情報最も重要不可欠な重要な |私は、これはの中の1 だと思います。と私は私あなたの記事を読んで嬉しい。しかしべき |一般的なものは、 ウェブサイトスタイルです素晴らしい 、記事が本当に優れた{ |素敵|偉大いくつかのいくつかにマーキング}: D.良い仕事、歓声

ニューバランス 1300

これは非常に 本当に面白い、 あなたがいる非常に熟練したブロガー。 私が持っている あなたのフィードに入社し、より多くのあなたの偉大な素晴らしいの追求を楽しみにしてポストを。また、 私が持っている ウェブサイト私のソーシャルネットワークでは、共有。

シャネル バッグ 新作 2013秋冬

確か 値再訪のためブックマーク。 I 不思議方法たくさん | 、設定 努力が試みから作る この種の 素晴らしい有益ウェブサイト 。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する